多摩グリーンボランティア森木会
 
  多摩市みどりづくり市民協働体制の実践。多摩市の緑を守り、人と自然が共生するまちづくりをすすめ、良好な生態系を次世代に引き継ぐ
  活動をおこなっています。
 

トップページ > 活動班の紹介 > 中央公園班の活動紹介 >

 亀ヶ谷緑地班の活動紹介

亀ヶ谷緑地班は、今年4月より正式に活動を開始した新しい班です。班員は平成22年に多摩グリーンボランティア講座を卒業した第9期生ばかりの11名で構成され、先輩1人が顧問として付いていただいております。
 
亀ヶ谷緑地は、南北に500mもあり2万平米の広さがあります。今はその五分の一だけを保全や管理の対象にしていますが、班員が増えたら、さらに活動範囲を広げていこうと考えています。
 
亀ヶ谷緑地班をあたなのボランティア活動の拠点にしませんか。ご連絡をお待ちしています。
 
管理目標:
 
  ・健康な樹木の育成に努めます
 
  ・浸食を防ぎ、林地の保全に努めます
 
  ・自然を守り景観の改善に努めます
 
所在地:多摩市落合三丁目
 
活動開始:平成23年4月
 
班員数:11名(男7名 女4名)
 
活動日:毎月第一・第三土曜日
時 間:9:00〜12:30(雨天中止)
 
会 費:年間2000円
 
 
亀ヶ谷緑地全景
南北に約500m 約2万平米(6千坪)
 
 
落葉期の林内は明るいが、放置に任せたままであるから、夏期は
蔓性の植物に絡まれて歩行もままならない。激しい生存競争のた
め樹木は屈曲した樹形になっている。枯損木や倒木を整理して、
下草刈り・蔓切り・下枝打ち・間伐などの手入れが待たれる。
 
 
林内は一面にアズマネザサが優先しているが、尾根筋のやや乾燥
して、アズマネザサの薄いところには、タマノカンアオイが数多く点
在している。
 
 
リョウブの枯損木と新木とが混じり合った状態。間引きをして3〜5本
程度に整理する必要がある。
 


 
トップページ > 活動班の紹介 > 亀ヶ谷緑地班の活動紹介 >
 
当サイトの情報およびデータの無断流用は固く禁止します
Copyright © 2011 多摩グリーンボランティア森木会 All rights reserved.
by 多摩グリーンボランティア森木会